So-net無料ブログ作成
検索選択

浅春

 

 

季節はもう一度めぐって来た。

 

雪柳に南天。

枝先の雪を一つまみ、口の中に放り込んだら、

一瞬、無味無臭。次の瞬間、雪の味が広がった。・・・ってあたりまえか(笑)。 他の何ものでもない、雪の味でした。

 

 

蕾をつけた水仙も寒そうにしている。

このまま春にまっしぐら!かと思っていたけど、とうとう来たね、この寒波。近所の人は皆、タイヤ交換を済ませたと言っていたし、「もう降らんわ」と言われていたけど、換えなくてよかった!

とはいえ、路面にはもうすでに雪はないのだけれど(笑)。

 

冬タイヤでよかったというのは、今日は久しぶりの開田行きだから。つれあいの額縁の材料を仕入れに、懐かしい開田高原へ!・・・仕事というより、ハイキング&ドライブだな^^

私たちが住んでいた3年前まで、高原の春は雪に包まれていた。こっちは融けても、さすがに開田は積もっているでしょう!期待に胸ふくらませて出かけました。

 

 

 

 

・・・少ないね。

予期していたものの、昨日もさほど降らなかったらしい。50センチくらい降ってるかなあ~~♪ ・・・なんて考えは空振りだった。

それでも、空気はすがすがしく、生き返る心地がする。

 

 

清冽な水の流れ。

飛び出した枝が、帽子をかぶったように凍っていた。

 

 

冷たそう~~。

そういえば、雪や氷には触れたけど、流れに手足を浸すことを忘れていたよ。

 

 

わかりますか?ちょっとだけ、のぞいています。

 

 

これもわかりにくいな。雪を頭に乗せています。

 

 

もう一丁。極めつけは水の中。

寒いよぉ、えーん、えん

と、ふきのとうが泣いたそうな。

 

これだけ雪が少ないならば、とふきのとうを探してみたけれど、まだ春浅き開田高原。流れのそばに5つ、顔を出していただけでした。

雪に覆われていない地面は、凍りついて、いつもの年よりもずっと寒いのかもしれません。そういえば、福寿草もまだ咲いていませんでした。

 

 

落ち葉の下は霜柱。

歩けば、靴跡がそのままに固まってしまう。

 

 

でも、ここにも春の兆しが・・・。

 

 

岩の上の苔たちは、なんだかうれしそうで、

 

 

「こんにちは」「ああ、どうもどうも」

皆さんどこへお出かけですか。

ガヤガヤとにぎわう声が聴こえてきそう。

 

 

春は、もうすぐ。

次は水芭蕉の咲いた頃、来れるといいなあ。

誰か、またお仕事ください^^

 


nice!(5)  コメント(8) 

nice! 5

コメント 8

toro

三寒四温といいたいところですが、逆戻り…といったほうがよいかしら。
でも、着々と季節は変わろうとしていますね。
ところでウェザーニューズで「桜レスキュー」というプロジェクトがあるようです。
http://weathernews.com/jp/c/press/2007/070308.html
例の桜の木はどうでしょう…と思いまして。ご参考までです。
by toro (2007-03-12 11:25) 

むらさき

わ~~ 素敵な写真ですねぇ
開田高原 大好きな場所です。
もう少し暖かくなったら、御嶽山にも会いに
出かけたいと思っています。
冷たい水の音が聞こえてきそうです
by むらさき (2007-03-12 15:00) 

季節は巡ってしまいましたね~。
今も寒波があるのかな? 私はこの雪景色を見損ないました。
蕗の薹。。。なんで好んでその場所なのでしょう?
厳しい環境で生きるも摂理なのでしょうか。定め?
by (2007-03-12 22:41) 

こーさん

toroさん、
完全に逆戻りですねー。山は今日も白く、風はビュービューと冷たく吹き付けています。この寒波が過ぎ去ったら、一気に花ひらくのだろうなあ。
「桜レスキュー」情報、ありがとうございます。今、こんなプロジェクトがあるのですねえ。
テング巣病や菌に侵されたわけではなさそうなんですが・・・。根元から伐り倒された今となっては、確かめようがありません。同じお不動さんの敷地に立っている桜の木々に、テング巣病の症状は見られませんでした。でも、明日もう一度行って、確かめてみます。
お風邪など召されませんよう。。。


むらさきさん、
やはり、開田高原をご存知でしたか^^
御嶽山には「会いに行く」という表現がぴったりですよね。
私がいつも通っている場所は、閉鎖されたまま使われていない「元釣り堀」なのですが、人の手が入っていない、自然のままに近い姿で咲いている水芭蕉がとてもきれいです。
あとひと月ちょっとで、花々が咲き乱れる季節になりますね。
水仙、リュウキンカ、水芭蕉、ニリンソウ・・・、梅、桃、桜、こぶし・・・鮮やかな春を楽しんできてください。


こぎんさん、
さぶーい。さぶーい。
まわりに雪はありませんが、山はゴマシオ状態で、吹き降ろす風の冷たいこと!蓄えた肉のおかげで助かってますが・・・。
流れに近いふきのとうだけが芽吹いていたのは、やはり暖かいからではないかなあ。雪がない冬、大地は凍てついて、バリッバリに凍っているのですよ。それと比べりゃあ、水の中は温泉のようなもの!?
・・・いやあ、やっぱり寒いでしょうねえ。
by こーさん (2007-03-12 23:41) 

derosa84

雪ですね。こちらも先週から降ってます。
花を見に行ったつもりが雪見でした。昨日もまた降っています。
今年は暖冬で雪無いかなって思ってたけど・・・そうそう甘くは無いですね。
でもちょっと長く残雪を楽しむことが出来そうです。
by derosa84 (2007-03-13 07:59) 

こーさん

derosa84さん、
雪、まだ降ってますか。
3月下旬から4月頭にかけて、新潟方面へ花見に行こうかと思っていたんですが・・・。もしかしたら、雪見になってしまうかもしれませんね。
こちらはもう、すっかり融けきってしまいましたが、まだタイヤは換えずにおこうかと思っています。
「3月の忘れ雪」というより、今年に限って言えば、待ちに待った雪でした。
運転にはどうぞお気をつけください。
by こーさん (2007-03-16 10:23) 

mamire

こっちも、からっ風がとっても寒いですよ。
スキー場は閉鎖後のどか雪で、地元は泣きたい気分でいっぱいでしょう。
本当の春はいったいいつやってくるのかしら。
今日も凍えるような冷たい風です。
by mamire (2007-03-17 18:45) 

こーさん

mamireさん、
寒いですねー。もう咲くかと思われた水仙の蕾が、あの雪の日以来止まったままです。用心しているのかなあ。
スキー場、もう閉鎖してしまったんですか。あとちょっと待っていれば・・・。ただでさえ、赤字ですからねー。木曽にもスキー場を抱えた自治体が多く、合併しても単独でも、どちらにしても何ともならないようです。手放せるわけでもなし・・・。
風はまだ冷たいけれど、光の中にいるとそれだけで暖かく、やはり春なんだなあという気がします。
by こーさん (2007-03-20 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。